漢詩習作5

捧山陰之麒麟



英雄颯爽在山陰
四海乾坤戞玉音
雖已陣亡名不朽
思君我可泣弾琴

英雄颯爽と山陰に在り
四海乾坤戞玉の音
已に陣亡すと雖も名は朽ちず
君を思ひ我泣きて琴を弾ず可し



疾駆姿態是麒麟
射箭古今無比人
不遇時而川側斃
惜哉未見太平春

疾駆の姿態是れ麒麟
箭を射るに古今無比の人
時に遇はず川側に斃る
惜しい哉未だ太平の春を見ず


惜夏往

初雁送風安静過
暮蝉寄語久長残
嗚呼此夏今将罷
暑気猶厳却意寒

初雁風を送りて安静に過ぐ
暮蝉語を寄せて久長に残る
嗚呼此の夏今将に罷まんとす
暑気猶厳にして却って意寒し


惜夏去

台風早到入瀛洲
吹殺燃雲迎小秋
清夏昊天焉復去
吾人忙裏未船遊

台風早く到りて瀛洲に入る
燃雲を吹殺して小秋を迎ふ
清夏昊天焉んぞ復た去らん
吾人忙裏にて未だ船に遊ばず

漢詩習作4

新年書懐


清閑此敷島
淑気満心中
靜在恆洋碧
燦昇初旭紅
先聞吹瑞雪
今見舞祥風
萬戸皆歓喜
乾坤慶不窮


清閑なり此こ敷島
淑気心中に満つ
静かに在る恒洋碧く
燦き昇る初旭紅なり
先に吹く瑞雪を聞き
今に舞う祥風を見る
萬戸皆歓喜
乾坤慶窮まらず



松の明けるに際し


宴罷街衆少
君可見何辺
此処青衣臥
彼方紅頬眠
人疎安穏歩
車密亂忙連
已得盈神気
平生爾復旋


宴は罷り街に衆少なし
君何辺を見るべきや
此処に青衣臥し
彼方に紅頬眠る
人疎らに安穏と歩き
車密に亂忙と連なる
已に盈つる神気を得
平生爾く復た旋る

改作

宴罷幽趣住
貴賤共陶然
此処青衣笑
彼方紅頬眠
人疎安穏歩
駕密亂忙連
已得盈神気
平生爾復旋

宴罷めど幽趣住まり
貴賤共に陶然たり
此処には青衣に笑ひ
彼方には紅頬に眠る
人は疎らに安穏と歩し
駕は密に亂忙と連なる
已に盈つる神気を得
平生復た旋る

漢詩習作3

晦日に初雪とて

初雪を待てばいつしか詠み納め

冬立つとたれか言ひけむしろたへの雪降らざるになどか知りけむ

今は吉野山にさほど降らずと聞くに
いにしへの人のことのはつもればや吉野と聞けば今さへ寒き

待雪吟詩

晚來初雪此瀛洲
自聞入冬似萬秋
何則待望吟詠尽
詩魂随意四方遊

晩く来たる初雪此こ瀛洲
冬に入ると聞く自り萬秋に似る
何となれば則ち吟詠し尽すを待望すればなり
詩魂は随意に四方に遊ぶ


年末人の里に帰る多きに東京にて

閑邑歳末

北風侵八島
四顧不聞聲
夜寂琴音好
晨光爽気生

北風八島を侵す
四顧すれば声を聞かず
昨寂琴の音好し
晨光爽気生ず

漢詩習作2

出城懐君


出城涼露気泠哉
歩歩軽明生気回
満眼風光天地好
清香黄菊為君開



城ヲ出デ君ヲ懐フ


城ヲ出デ涼露気泠カナ
歩歩軽明ニシテ生気回ル
満眼ノ風光天地好シ
清香タル黄菊君ガ為ニ開ク



閑吟詩幾章


連日閑吟詩幾章
人間世上俗情忘
夏深我愛松風裏
浴後睡魔午夢長


連日詩幾章ヲ閑吟ス
人間世上ノ俗情ヲ忘ル
夏深クシテ我松風ノ裏ヲ愛ス
浴後ノ睡魔午夢長シ




臺灣朋友來日本


梅雨結束已経旬
窓外火雲畫景新
臺灣朋友來日本
今日交歓興津津


梅雨結束シ已ニ旬ヲ経ル 
窓外ノ火雲畫景新ナリ 
臺灣ノ朋友日本ニ来ル 
今日交歓シ興津津タリ 
 
 
古村中散漫書 
 
孤身我在古村中 
可愛蟬聲処処同 
茅屋風鈴宜夏日 
如秋吹枕北窓風 
 
 
孤身我古村ノ中ニ在リ 
愛ス可キ蟬ノ聲処処ニ同ジ 
茅屋ノ風鈴夏日ニ宜シ 
秋ノ如ク枕ヲ吹ク北窓ノ風 
 
 
人間孰珍 
 
人間聲聲日日新 
臨風心裏更無塵 
長空漠漠雲如湧 
盛夏雷車不足珍 
 
 
 
人間ノ聲聲日日新ナリ 
風ニ臨ミ心ノ裏更ニ塵無シ 
長空漠漠雲湧クガ如シ 
盛夏ノ雷車珍シトスルニ足ラズ 
 
 
 
消夏 
 
郊外湖濆避暑遊 
一天雲散雨漸収 
初知樹樹蟬聲変 
吹枕涼風已佔秋 
 
郊外ノ湖濆ニ暑ヲ避ケテ遊ブ 
一天雲散リテ雨漸ク収ム 
初メテ知ル樹樹ノ蟬聲変ワリタルヲ 
枕ヲ吹ク涼風已ニ秋ヲ佔ム 
 
 
大東亜戦爭終戦七十周年八月十五日拝詠 
 
散命英霊無上尊 
參來靖國弔忠魂 
亜洲戦後山河在 
日本前途有子孫 
 
散命セシ英霊無上ニ尊シ 
靖國ニ參來シ忠魂ヲ弔フ 
亜洲ノ戦後山河在リ 
日本ノ前途子孫有リ 
 
 
残暑 
 
昼中孤独聴蟬鳴 
夜半共君聞雨声 
唱和而当催感慨 
夢騰酔裏見秋生 
 
昼中孤独蟬ノ鳴クヲ聴ク 
夜半君ト共ニ雨声ヲ聞ク 
唱和シ而シテ当ニ感慨ヲ催スベシ 
夢騰酔裏秋ノ生 ズルヲ見ル 
 
 
歳晩書懐 
 
暁來兩眼仰蒼穹 
經過一年心更雄 
只管追懐千古事 
今宵屈指待春風 
 
暁來兩眼蒼穹ヲ仰グ 
一年ヲ經過シ心更ニ雄タリ 
只管千古ノ事ヲ追懐ス 
今宵屈指シ春風ヲ待ツ 
 
 
新年作 

迎年自暁彩霞中 
四海平安瑞気充 
恰則颯然東風起 
前途轉眼一望通 
 
年ヲ迎ヘ暁自リ彩霞ノ中 
四海平安瑞気充ツ 
恰モ則チ颯然ト東風起ル 
前途轉眼一望通ズ 
 
 
感秋 
 
秋到看來天地? 
其中奪目一瓶蘭 
風涼從夕蟲聲好 
夜座思君月下彈 
 
 
越年回顧 
 
又得許多好友人 
寒中心暖此迎春 
朝天半夜看新月 
回顧一年感激頻 

 
贈?君 
 
初見傾城不有詞 
唯當終日獨敲詩 
秋風帶了天來? 
千歳欣將絶世姿 

 
喫茶 
 
好在深山紅葉鮮 
仰看漫漫素秋天 
今宵門徑無人到 
茅屋心閑茶獨煎 
 
 
故山心泰 
 
入著郷関菊放芬 
故山心泰避塵氛 
秋天催興聊須酒 
未雪然而最憶君 
 
 
故人之恩 
 
山行一望則天晴 
千里金風颯有声 
久矣而今見知己 
重重感慨故人情 
 
 
 
 
今年剰月已無多 
 
月已張来不少弦 
光陰如箭悔超千 
森羅万象何爲尽 
笑殺可忘吾眼前 

 
秋日 
 
獨入郷関菊放芬 
故山心泰避塵氛 
秋天催興聊須酒 
酔著看来草木欣 
 

賀萬聖節 
 
秋天遷改暫飘旒 
嬌女玩男如此由 
転目為何沈意気 
西洋祭事享珍遊 
 
 
到處秋容在 
 
日午悠然賞野蕉 
任風揺曳響蕭蕭 
看來到處秋容在 
唱住斯時曲自妖 
 
 
日午悠然と野蕉を賞す 
風に任せ揺曳し響蕭蕭たり 
看来たれば到る處秋容在り 
唱住せば斯かる時曲自ずから妖し 
 
 
 
 
 
 
佳境探秋石澗潯 
忘機賞玩水風音 
斯時一切不如酒 
竟夕弾琴興自深 
 
佳境に秋を探し石澗の潯 
機を忘れ水風の音を賞玩す 
斯かる時一切は酒に如かず 
竟夕琴を弾ずれば興自ら深し 
 

 
稲穂黄金秋気充 
人皆賞玩葉遷紅 
君知今亦青魚旨 
随意選従多彩中 
 
 
稲穂は黄金にして秋気充つ 
人皆葉の紅に遷るを賞玩す 
君知るや今亦青魚の旨きを 
随意に多彩の中より選る 
 
 
 
 
惜秋 
 
侵暁霜風吹折枝 
蟲聲銷去寂寥時 
廻看絓目黃花在 
秋意徒餘殘菊姿 
 
 
侵暁霜風枝を吹き折る 
虫の聲銷え去り寂寥の時 
廻看すれば目を悦ばす黄花在り 
秋意徒殘菊の姿を餘すのみ 
 
 
偶遇小街欣午晴 
雖寒殷賑聴歌聲 
老人幼子相和側 
心境清清歩歩軽 
 
 
玄冬有朋在天空 
今夜雲遮不可逢 
雖獨帰来小茅屋 
期待明夜老顔紅  
 
 
 
不解吾心山谷邊 
淒淒切切只看天 
嗚呼元是由來故 
寒月清虛尚皎然 
 

 

漢詩習作

玉笛深秋


悠々独座雨初収
月白清寒万象幽
明鏡詩魂孤灯下
夜涼玉笛已深秋


悠々ト独リ座シ雨初メテ収ム
月白ク清寒ニシテ万象幽ナリ
明鏡詩魂孤灯ノ下
夜涼玉笛已ニ深秋



狂風自欣


青雲落月話平生
人間東西不足驚
狂風眼前疑是夢
自欣我也一書生


青雲落月平生ヲ話ス
人間東西驚クニ足ラズ
狂風眼前コレ夢カト疑フ
我マタ一書生ナルヲ自ラ欣ブ



旅愁懐月


惻惻人生幾変遷
旅愁懐友座窓前
香風虫語我欲睡
山寺清凉月半弦


惻惻タル人生幾変遷
旅愁ニ友ヲ懐ヒ窓前ニ座ス
香風虫語ニ我睡ラント欲ス
山寺ニ清凉タル月半弦



楼上夜読


西風切々伴無聊
処々虫声慰寂寥
日暮月前耽夜読
茫々楼上一天遙


西風ハ切々ト無聊ヲ伴フ
処々ノ虫声寂寥ヲ慰ム
日暮レテ月前夜読ニ耽ル
茫々タル楼上一天遙カナリ



秋夜懐故国


庭院夜涼桂気幽
天空孤雁生旅愁
不勝寂寞帰心切
一面月明万戸秋


庭院夜涼シク桂気幽ナリ
天空の孤雁旅愁を生ズ
寂寞ニ勝ヘズ帰心切ナリ
一面月明万戸ノ秋



故国西風


薄暮階前瓶菊残
幽窓空院涙闌干
郷関故国西風急
宿志前途行路難


薄暮レノ階前瓶菊残ス
幽窓ノ空院ニ涙闌干
郷関故国西風急ナリ
宿志ノ前途行路難シ



風流歳月侵

忘我風流歳月侵
清遊哀楽去来今
昔時富貴隣家女
如水悠々一曲琴

忘我風流歳月侵ス
清遊の哀楽去来今
昔時富貴タル隣家ノ女
水ノ如ク悠々タル一曲ノ琴

いやーもうFacebookで人目を気にして書くって疲れる!ここはもう誰も見ていまいから気楽!いやっほうぃ!!俺は自由だーーー!!!


Facebookは何度も不正ログインされるしさー、mixiに久しぶりに戻ったらそっちもされてるしさあ。一度漏れると簡単なんだね。もう諦めたー。俺の個人情報はお好きにどうぞー。何にも隠すことないしー、性的嗜好もおっぴろげー。


くそったれ!左翼も右翼も閲覧禁止!

序段

つれづれなるまゝに、日暮らし、硯(すずり)に向ひて、心に移り行くよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、怪しうこそ物狂(ものぐる)ほしけれ。

誰でも知ってるこの文。怪しうこそ物狂ほしけれという部分には色んな解釈があるようだけど、色んなとこで色んなタイプの駄文を垂れ流してきたものとしては、書くことによって現実と思考の不可避的な断絶に感じるものがあったのではと推測。でもその気持ちは必ずしも不快なものとは限らないんだけどね。文を書くってのは書くこと自体がすごく面白いことだよ。まあどうなんでしょうね。人の文に自分が映るというからね。